お葬式において葬儀・告別式以外で喪主が挨拶する場合

お葬式で喪主となった際ですが、告別式と出棺が終わり、精進落としを行う場合にも、喪主は挨拶をする場面があります。また、出席されている方への感謝の気持ちを含めて、労をねぎらうことをします。出席される方の多くは、親族や町内会の役員にあたる方が多いです。その際に心掛けておきたいポイントを、いくつか紹介します。

会食前の挨拶の流れですが、お葬式が滞りなく行うことが出来たことへのお礼の挨拶を述べます。次に、参列していただいた親族や一般参列者、葬儀会社スタッフなどへ、感謝の気持ちを伝えます。もちろん、家族にも、今後の支えをお願いすることも良いでしょう。そして、故人を全員で偲ぶように、呼びかけをします。

挨拶の際には、喪主は接待する立場となり、下座から挨拶をします。献杯の挨拶をする際には、喪主が行うこともありますが、親族代表の方及び世話役などに依頼し、発声してもらっても良いでしょう。しかし、喪主は、接待する役割です。各参列者のところに赴いて、感謝の意を伝え、今後の支えをお願いする形をとります。お通夜の通夜振る舞いの場面でも同様のことが言えます。

その他としては、火葬場での納めの式を終えた後での挨拶、お通夜での挨拶をする場面がありますが、上記のポイントを押さえておくと、問題なく行うことが出来ます。各宗派や地域によっては、その方法が異なる場合がありますので、予め確認することがおすすめです。

お通夜や火葬の場面でも、喪主が挨拶をすることが多いですが、故人に代わり感謝の気持ちを伝えることを心掛けてください。