お葬式での喪主としての出棺前の挨拶について

お葬式で告別式が終わり、参列者による故人への最後のお別れの挨拶が終わると、親族で柩にくぎを打ち、出棺となります。この挨拶は、お通夜と告別式を行った場合を含め、故人との最後のお別れの挨拶となります。そこで、喪主としての挨拶のポイントを紹介します。

会葬と参列をしたことに対して、参列者へのお礼の言葉を述べます。次に、故人が生前お世話になった趣旨の言葉をお伝えいたします。そして、遺族と親族に対して、今後の支援をお願いするようお伝えします。家族葬や直葬による葬儀及び、宗派によっては違った形での挨拶となる場合があります。心掛けることとしましては、喪主ご自身の言葉で、故人を偲び、参列をされたことへの感謝の気持ちをお伝えすることです。

出棺前となると、悲しみが高まり、挨拶をすることが負担に感じるかもしれません。途中で感極まってしまい、言葉が詰まることがあっても、自分の言葉でお伝えすることを心掛けてください。不安がある場合には、予め親族と相談をして、代行していただくことも良いでしょう。負担がとても大きいでしょうから、きっと親族や参列者も理解してくれるでしょう。

お葬式の中でも、出棺の時は、最後のお別れの挨拶の時でありますから、喪主自身はもちろん、一人の参列者として哀しみが大きくなるでしょう。親族なども、悲しみが大きくなるところです。その上で、気丈に振る舞うことは難しいですが、詰まりながらでも自分の言葉で、故人に代わり感謝の気持ちを伝えることを心掛けてください。