お葬式での喪主の決め方

お葬式で喪主を決めるにあたっての、決め方について説明します。喪主の第一候補としては、故人の配偶者にあたる方が対象となります。しかし、配偶者が亡くなっている場合や、高齢などで体調面において不安がある場合なども想定されます。その場合は、故人の子どもにあたる方が行います。また、結婚などで他家に嫁がれている場合でも、問題ありません。子どもが未成年者である場合には、親族が後見人となって、喪主を務める場合もあります。また、故人に近親者にあたる方がいない場合では、知人や地域の代表者にあたる方など、親しい方が喪主を代行するようになります。

お葬式では、喪主の他にも、施主という役割があります。喪主は、遺族の代表として、弔問や会葬を承る役割です。表に立って、参列者をお出迎えする役割となります。一方施主は、裏方として葬儀全般のまとめ役を担います。金銭管理について取りまとめを行い、僧侶へのお布施の代金及び、葬儀会社へのお葬式の代金の支払い、参列者の香典の管理などが当てはまります。しかし、家族葬など参列者が少ない場合などでは、喪主と施主を兼務されている場合が大半であり、明確な区別がされていないのが現状です。

喪主は、故人との血縁関係が近い方が行う流れとなりますが、高齢になられているなど体調面に不安がある場合には、子孫にあたる方が行います。子どもがいない場合などでは、知人にあたる方が行う流れとなります。施主の役割もありますが、規模が少ない葬儀では喪主と兼務されている場合が多いです。