初めてのお葬式の喪主

お葬式での喪主の役割について

お葬式での喪主の役割について お葬式をする際に、初めて喪主になられた場合には、その業務内容から参列者へのかかわりなどが把握できず、不安になる方が多いです。お通夜・告別式においても司会進行をされる場合が多いので、どのようにお話をしたらよいか戸惑うでしょう。その点を踏まえて、お葬式をする際の、大まかな喪主の役割を説明します。

喪主のお葬式での位置づけとしては、葬儀の代表者・故人の代理ととらえましょう。立ち居振る舞いにおいても、故人の親族はもちろん、知人や僧侶も来られますから、快くお出迎えをしてください。弔問者にも、平等に対応することが大切な点です。

もちろん、喪主一人がすべての対応をするのは無理です。受付及び各種準備や、細部に渡る対応については、葬儀会社スタッフ及び親族だけではなく、世話役の方を決めておくと負担が軽減されます。家族葬の場合は、世話役をつけなくても間に合うことが多いですが、一般葬では世話役がいると負担が大きく減ります。世話役は、町会長などの地域におけるまとめ役であり、なおかつ葬儀に関する知識が詳しい方に依頼をすると良いでしょう。

次に、親族の着席位置を決めるということがあります。祭壇に向かって右側に座られる方が遺族・親族、左側に座られる方が友人、知人などの参列者となります。仏式の葬儀ではお焼香をするので、親族の席次については、血縁が深い方が前方に座る流れとなります。

お葬式において、供花を参列者及び会社関係者などからいただくことがあります。位置づけとしては、祭壇に向かって最上段が上座、同列の場合では右側が上位となります。親族及び会社関係者などの位置づけがありますので、適切な配置が必要となります。不明な点は葬儀会社及び世話役にあたる方と確認をすると良いでしょう。

弔電をいただいた場合は、時間配分の問題もありますが、拝読するようになります。関係性を考慮した上で、拝読をする順番を決めます。時間の都合上、若干分のみの拝読ともなります。その際に、予めお名前や会社名を確認して、間違えないようにするために、読み仮名を振っておくと良いでしょう。

喪主の役割は、葬儀の司会、参列者のお出迎え、会場設営など業務は多いです。親族代表として、スムーズに行うための準備は必要です。しかし、一人で抱え込まずあらゆる人に依頼をすると、負担は減り、快くお見送りすることができるでしょう。分からないことは、葬儀会社のスタッフや親族で相談しながら決めていくといいでしょう。

トピックス